会社概要

会社概要

名称田中忠株式会社
所在地〒916-0131 福井県丹生郡越前町乙坂15‐2
代表者代表取締役社長 田中亮輔
創業大正10年
事業内容織物用原料加工および販売
繊維機器取り扱い

工場・関連企業

名称神中工場(田中忠織物株式会社)
所在地〒916-0131 福井県鯖江市神中町2‐9−41
TEL/FAX0778-52-6161/0778-52-6388
事業内容織物製造(ファッション・機能・生活資材)
製織準備
営業、企画、開発
名称丸山工場(田康加工糸株式会社)
所在地〒916-0019 福井県鯖江市丸山町3‐3‐7
TEL/FAX0778-52-1322/0778-52-1322
事業内容織物用原料加工
名称康和繊維株式会社
所在地福井県坂井郡春江町随応寺12-28
TEL/FAX0776-51-5680/0776-51-5115
事業内容織物製造(ファッション・機能・生活資材)

沿革

大正10年6月
現在地の福井県丹生郡朝日町乙坂で創業し、羽二重富士絹の生産をする。
昭和23年12月
株式会社組織に変更、田中織布産業株式会社とする。資本金500万円。
昭和35年1月
資本金1,000万円とし、社名を田中忠織布株式会社とする。
昭和35年10月
帝人テトロンに転換する。
昭和43年7月
鯖江市丸山町にWJL専用工場として、田中忠織布鯖江工場を増設。
昭和43年9月
資本金1,500万円とする。
昭和45年
サイジング工場の増設及び準備部門DT機の拡充のため、仮撚工場及び撚糸工場の増設をはかり、差別化生産の基礎を築く。
昭和53年
準備部門を分離し、田康加工糸株式会社を設立する。
昭和54年
織布工場と準備工場を分離し田中忠織物株式会社を設立。
昭和55年
事業拡大のため、高速機専用工場として神中工場を建設。量産品専用工場として、春江町に康和繊維株式会社を設立。資本金2,500万円とする。
昭和59年
神中工場 第2工場の建設。
昭和60年
傘下企業の充実をはかり、撚糸部門も甘撚、強撚と専門化する。技術レベルの向上とコスト低下を進めながら、WJLによる小ロット多品種生産の基礎を築き現在に至る。
平成3年3月
田中忠織布株式会社から田中忠株式会社に社名変更。
平成9年
AJL(エアージェット織機)導入
平成14年
インテリアをはじめとする生活資材分野への進出
平成16年
ティーパック用織物(食品関連分野)の生産をスタート